So-net無料ブログ作成
検索選択

株式会社N.S.JAPAN 画期的な方法で解決する精神的な悩み改善法!  [病気]

WS000000.JPG
株式会社N.S.JAPAN 画期的な方法で解決する精神的な悩み改善法!



身体の病気の時と同様に、こころの不調な時も一番大事な基本は


「安心して休息する」ということです。


こころの不調により「食欲が減った」「元気がなくなった」


「口数が減った」「趣味のゴルフに興味を示さなくなった」「ため息が多い」


「眠れていないようだ」


など今までの行動と違ってきます。


精神的な悩みは、完治するまでにかなりの日数がかかります。


精神的な悩みは、早い内に解決してください。



①恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム


②アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」


③チック症を何とかしたい!それなら中森式チック症改善術


④あがり症・どもり癖を改善する!【トップMBA式あがり症・吃音改善プログラム】公式サイト


⑤認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」


⑥睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!





WS000004.JPG WS000007.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG






WS000008.JPG WS0000012.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG






WS0000015.JPG WS0000020.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG













トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【崇高クリニック】がん改善 炭水化物と糖質の排除「ノンカーボ治療」 効果 [病気]

WS000000.JPG
【崇高クリニック】がん対策 炭水化物=糖質の排除「ノンカーボ治療」の効果



WS000001.JPG
WS000002.JPG

WS000003.JPG
WS000004.JPG
WS000005.JPG


それでは、ここからは「癌(がん)」について具体的にお話していきます。


三大療法とは、ご存知の通り「手術療法」「化学療法(抗がん剤)」


「放射線療法」の3つの治療法のことで、一般的にガン治療はこの3つの


治療法のいずれか、または組み合わせで行われます。


ガンの種類や進行度によって、また患者さんの状況や希望によって、


どの治療法が用いられるかはケースバイケースですが、


問題は果たして本当にこれらの治療法でガンが治るのかどうかということです。


確かに三大療法の中にも、一部のガンに対しては効果のある治療法もあります。


例えば、急性白血病や悪性リンパ腫などのような血液のガンは抗がん剤で治る


可能性がありますし、子宮絨毛がんや睾丸腫瘍なども抗がん剤が


有効な場合があります。


また、小児がんに対しても抗がん剤は効果を発揮することがあります。


但し、これらはガン全体のほんの一部に過ぎません。


恐らく10%以下ではないでしょうか。


つまり、90%以上のガンに対して、抗がん剤は必ずしも有効とは言えないのです。


放射線治療に関しても同様で、放射線がよく効くガンと効きにくいガンがあります。


放射線治療は、ガンを治すことを目的として単独で行われることもありますが、


その他の治療と併用して行われることも多々あります。


また、骨に転移したガンや神経を圧迫しているガンなどによる


痛みの緩和に有効であったりします。


しかし、放射線治療だけで完治させられるガンはほんの一部にしか過ぎません。


そして、最後に手術に関してですが、もし仮に微小転移(ごく小さな転移)もなく、


ガンの塊を一度にすべて切除できるのであれば、手術で治る可能性は高いでしょう。


しかし、多くの場合、ガンが発見された時には微小転移が起こっていますし、


血管やリンパ管からガン細胞は全身に散らばっています。


例え手術がうまくいっても、その後の再発や転移には十分に注意が必要です。


以上のように、三大療法によって治ったり改善したりするガンも確かにあるで


しょうが、いずれの治療法でも完治できるガンは全体のほんの一部にしか過ぎません。


完治できないどころか、非常に強い副作用に苦しめられたり、


QOL(生活の質)を落とすような後遺症を患ってしまったりすることさえ


あるのです。


WS000006.JPG



1996年8月4日に『男はつらいよ』シリーズなどで人気を博した“フーテンの寅さん”


こと渥美清さんが68歳でこの世を去りました。


一般的には、転移性肺癌のために亡くなったとされていますが、


実はこれは正確な死因ではありません。


というのも、亡くなる4日前に渥美さんは肺に転移したガンの


手術を受けていたのですが、通常、手術ができるくらい体力のある人が、


何もしなければ4日目に死ぬということはあり得ないのです。


つまり、渥美さんは、ガンではなく手術で亡くなったのです。


本来であれば、もう少し長く生きられていたでしょうが、


手術によって縮命してしまった可能性が非常に高いのです。


これは、渥美さんに限って言えることではなく、


私たちの周りで毎日のように起きていることです。


手術のみならず、抗がん剤や放射線療法で寿命を縮めてしまっている人も


数え切れないほどたくさんいらっしゃいます。


病気を良くする治療のはずが、辛い副作用に苦しめられたり、


重い後遺症でQOL(生活の質)を落とさざるを得なくなったり、最悪の場合は


寿命を縮めてしまったりと、全く逆効果の治療になっていることが本当に多いのです。


確かに三大療法も、緊急を要する救命的な治療としてや、


痛みや機能障害などOQL(生活の質)を落とすような症状の緩和などには、


“応急処置”として有効な場合もあるでしょう。


しかし、これらの治療法は延々と続けられる治療法ではありません。


効果のない場合は、副作用や後遺症に苦しめられるだけではなく、


寿命を縮めてしまう場合も多いのです。


WS000007.JPG
WS000008.JPG



三大療法はガン治療の基本として、あたりまえのように提案され、


疑いもなく行われる治療法ですが、医師に言われるがまま安易に治療法を


決めるのではなく、今一度自分自身でよく考える必要のある治療法です。


WS000009.JPG



突然ですが、『PET検査』という検査方法をご存知でしょうか?


実際に検査を受けたことがあるかもしれませんが、


これはガンを検査する方法の一つです。


実は、このPET検査がガンの原因と直接的に関係していますので、


どのような検査なのかをここで改めて解説したいと思います。


PET検査は、“ガン細胞が正常細胞に比べて16~18倍のブドウ糖を取り込む”という


性質を利用しています。ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射して、


しばらくしてから全身をPETで撮影します。


するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところが分かり、


ガンを発見する手がかりになるという仕組みです。


※「PET」とは「陽電子放射断層撮影」という意味で、


ポジトロン・エミッション・トモグラフィー


(Positron Emission Tomography)の略です。


ここで大切なのは、“ガン細胞が正常細胞に比べて


16~18倍のブドウ糖を取り込む”という性質です。


どんな細胞でも、成長や生命維持にはエネルギーが必要です。


正常細胞は糖(ブドウ糖)や脂肪をそのエネルギー源として使います。


ところが、ガン細胞は糖(ブドウ糖)しかエネルギー源にすることができません。


そして、異常なスピードでどんどん成長していくガン細胞は、


正常細胞よりもたくさんのエネルギーを必要とします。


これが“ガン細胞が正常細胞に比べて16~18倍のブドウ糖を取り込む”理由であり、


PET検査で利用されている性質です。


そして、だからこそ“糖”は「ガンの恋人」と言われるのです。


つまり、ガン細胞は“糖”がなくては生きていけないのです。


もはや、恋人どころではなく、


ガンにとって“糖”は欠かすことのできないパートナーなのです。


ということは、つまり、ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断てば、


ガンの成長は止まり、ガン細胞は死滅するのではないか?


実は、全くその通りなのです。


ガンは糖(ブドウ糖)をエネルギー源として成長します。


その糖(ブドウ糖)の供給を止めてしまえば、ガンを殺すことができるのです。


仮に、糖(ブドウ糖)の供給を完全にストップさせてしまったとしても、


先程お話した通り、正常細胞は脂肪をエネルギー源にして生きていくことができます。


ところがガン細胞はそうはいきません。


糖(ブドウ糖)のなくなったガン細胞はたちまち死滅してしまいます。


理論上ガンを消すことは決して難しいことではないのです。


単純に、ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断ってしまえば殺せる訳です。


そして、それを理論上の話で終わらせることなく具現化した食事法こそが、


私たちがお勧めしている食事法なのです。


WS000010.JPG


これを私たちは、【荒木式】断糖食と呼んでいます。


この食事法は、400万年の歴史を持つ人類が、


元々していた食生活に近い食事法になります。


ですから、これが人間にとって本来あるべき食事の姿になります。


ところが、特にここ数百年の間で人類は目まぐるしく文明の発展を遂げてきました。


以前はほとんど食していなかった(仮に食していたとしても極少量だった)穀物を、


農業革命によって大量に生産し大量に消費するようになりました。


このことによって、飢餓が減ったというメリットもありますが、


本来食べていなかった炭水化物を大量に摂取することによって、


さまざまな病気が出てきました。


その代表的な病気が癌(がん)であり、糖尿病であり、さまざまな生活習慣病です。



これらの病気の大きな原因が食生活の変化、つまり、


“糖”を大量に摂取するようになったことによるものです。


【荒木式】断糖食では、病気の根源となっている“糖”の摂取を断ち、


“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”などの栄養素をしっかり摂取します。


人間が本来していた、人間の体に適した食事をすることが、この食事法の目的です。




WS000011.JPG
WS0000018.JPG













トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【崇高クリニック】癌・糖尿・高血圧・鬱・肥満の改善 荒木式ノンカーボ療法DVDシリーズ 口コミ [病気]

WS000000.JPG
【崇高クリニック】癌・糖尿・高血圧・鬱・肥満の改善 荒木式ノンカーボ療法DVDシリーズ




7WS000001.jpg



私は、崇高クリニックに家も近くだったので、(兵庫県姫路市在住)



2週間入院しました。



以前の私は、会社が行う健康診断で毎年、高血圧症、コレステロールが多くて



高脂血症、肥満症、夜も寝れなくて鬱病を抱えていました。



その為に、55歳で会社をリタイアしてしまいました。



溺れる者は藁をも掴むという心境でしょうか。



何処の病院に行っても良くならず、崇高クリニックのお世話になりました。



人間は、体に障害があると、気持ちまで落ち込んでしまいます。



しかし、今は60歳を超えて体も気持ちも充実しています。



孫の顔を見るのが唯一の楽しみです。



この気持ちを悩んでいる皆様に知って頂きたいと思います。



4WS000001.jpg



WS0001.JPG
WS0002.JPG


最近は、お金儲けの為に整体師の方が病気の改善DVDなどを出していますが、



畑違いです。



やはり、医師免許を持っている医者でなければ無理だと思います。



荒木先生は、物凄い略歴の先生だと思いませんか?



とても、優しい先生ですよ。



WS0000015.jpg



この方法は、崇高クリニックの荒木先生が「ノンカーボ治療」



(糖質の過剰摂取は心身の毒)を提唱し、断糖理論に基づいた治療が行われています。



炭水化物=糖質は“肥満・糖尿病・高血圧・ガン”などの生活習慣病はもとより、



“うつ・イライラ・集中力低下・不眠・いじめ・不登校”などの精神疾患



にも大いに関係しており、今では社会問題になりつつあります。



“糖質”は脳内の“食欲・睡眠・心の安定”を調節する“ホルモン様”



物質の低下を招くばかりでなく、習慣性を生じ“野菜や果物・ごはん・麺類”や



“チョコレート・クッキー“などのジャンクフードが止められなくなります。



約2週間の入院を通じて具体的な食事法と運動のやり方を理解し、



自宅でも継続できるように指導しています。



また、病院に来て入院出来ない方の為に



内容をそのままDVDにして販売しています。



私から一言。



家族の為にも一日も早く体を健康にしてください。




※画像が乱れている場合は、表示設定を変えてください。
※画像が小さい時は、画像をクリックしてください。






WS000001.JPG WS0000013.JPG
WS000004.JPG WS000004.JPG





WS000004.JPG WS000003.JPG
WS000004.JPG WS000004.JPG





WS000002.JPG
WS000004.JPG













トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

株式会社夢丸が発売した体の悩み改善DVDシリーズ [病気]

WS00.JPG



会社名 株式会社 夢丸


主な業務内容 ホームページ制作・販売並びにコンサルティングサービス


ソフトウェアの開発・販売DVD・書籍の制作・出版並びに販売・通信販売事業


様々な業種の専門家とのタイアップにより、多種多様な情報を、


DVDまたは書籍にてご提供しております。


インターネットを用いた専門的な販売方法により、


より多くのお客様に情報をお届け致します。


テレビや雑誌で有名な先生のもと、体の悩み改善DVDシリーズを、


紹介しております。


それぞれの悩みに応じて、クリックして


セールスレターをご覧ください。


※なお、画像が小さくて見ずらい場合は、画像をダブルクリックしてください。 大きく映ります。



WS000000.JPG WS000001.JPG WS000002.JPG
WS00000.JPG WS00000.JPG WS00000.JPG





WS000004.JPG WS000005.JPG WS000006.JPG
WS00000.JPG WS00000.JPG WS00000.JPG





WS000007.JPG WS000008.JPG WS000011.JPG
WS00000.JPG WS00000.JPG WS00000.JPG





WS000012.JPG WS000015.JPG WS000017.JPG
WS00000.JPG WS00000.JPG WS00000.JPG





WS0000018.JPG WS0000027.JPG WS0000030.JPG
WS00000.JPG WS00000.JPG WS00000.JPG



















トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アスカ鍼灸治療院「福辻式病気改善DVD」シリーズ 実践 [病気]

WS000000.JPG
アスカ鍼灸治療院「福辻式病気改善DVD」シリーズ


院長:福辻鋭記


■所在地

〒141-0031
東京都品川区西五反田8-1-2
平森ビル2F


WS000011.JPG




私はこれまで、30年以上、延べ50,000人以上、



様々な体の悩みを解決してまいりました。



そして現在でも、東京の鍼灸院にて患者様を施術し続けています。



私の鍼灸院は東京の山手線五反田駅から4分歩いたところいにあります。



名前は出せないのですが、あなたもよくご存じの芸能人の方や



ミュージシャンの方も、たくさん来院されているんですよ。



雑誌やテレビにもよく出ているので、私のことを



ご存じの方もいらっしゃるかと思います。



WS000003.JPG

WS000005.JPG


福辻鋭記(ふくつじ としき)は東京都品川区五反田にあるアスカ鍼灸治療院



の院長であり、過去5万人以上を施術した経験をもつ鍼灸師です。



その確かな技術から「日本の名医50人」にも選ばれ、



東洋医学の技術を取り入れた独自のダイエット理論などを開発し、



そのほか慢性的な体の悩みを改善するDVDも数々リリースしています。



テレビや雑誌で興味をもったがアスカ鍼灸治療院へ直接行くことが



困難な方や、自宅で手軽に学びたい方にとても好評なDVDシリーズです。




※画面が小さい時は、画面にクリックしてください。 大きい画面に変わります。


【DVD版】



WS000001.JPG WS000002.JPG WS000003.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG WS000011.JPG




WS000004.JPG WS000005.JPG WS000006.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG WS000011.JPG





WS000007.JPG WS000008.JPG WS000009.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG WS000011.JPG





WS0000010.JPG WS0000011.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG





【ダウンロード版】


WS0000012.JPG WS0000013.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG 














トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【荒木式】がん・糖尿病・高血圧・うつ病・肥満症 改善プログラム~荒木裕 [病気]

WS000000.JPG
【荒木式】がん・糖尿病・高血圧うつ病肥満症 改善プログラム~荒木裕



兵庫県加古川市にある崇高クリニック(荒木裕院長)では、20年に渡り


「ノンカーボ治療」(糖質の過剰摂取は心身の毒)を提唱し、


断糖理論に基づいた治療が行われています。


生活習慣病(高血圧・糖尿病)、うつ病、肥満症などを対象


とした食事指導と運動を中心とした入院治療を行なっており、


約2週間の入院を通じて具体的な食事法と運動のやり方を理解し、


自宅でも継続できるように指導しています。


関心はあるが崇高クリニックで治療を受けることが困難な方には症状に


応じて自宅で断糖理論に基づく荒木式の食事法を学べるシリーズが用意されています。



WS0001.JPGWS0002.JPG



荒木式食事療法 (断糖) の実践ポイント


【1】主食・副食と云う方を改め、今日のメイン(主)料理という考え方をしましょう。


【2】糖類を出来るだけ摂らないようにしましょう。


【3】大切なことは、でんぷん質は糖類であるという事です。


【4】たんぱく質の豊富な食品・野菜を摂るようにしましょう




WS000010.JPG WS000005.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG




糖尿.jpg WS000007.JPG
WS000011.JPG WS000011.JPG




WS000009.JPG
WS000011.JPG













 
タグ:【荒木式】
トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。