So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴルフ “安楽拓也の飛ばしのチェック項目” -あなたのドライバーはなぜ飛ばないのか?- [ゴルフ]

WS000007.JPG
ゴルフ “安楽拓也の飛ばしのチェック項目” -あなたのドライバーはなぜ飛ばないのか?-



あなたもよくご存じの通り、安楽プロはこれまでに出演したDVDや、どのゴルフ雑誌でも、「足の踏み込みを使う」といったスイングノウハウを紹介してきました。


これまで、体重移動、リズム、ミート率、体幹、腹筋など、あらゆる切り口で独自のスイング理論を説明して来ましたが、それら全ては「足の踏み込み」が大前提にあるスイング理論でした。


「足を使えるようになれば、誰でも飛ばせる!」


このテーマを初めて知った時、あなたも最初は戸惑われたことでしょう。


しかし、実際に安楽プロのスイングノウハウを取り入れて飛距離アップに成功された方は、全国にたくさんいらっしゃいます。



詳しくは⇒“安楽拓也の飛ばしのチェック項目” -あなたのドライバーはなぜ飛ばないのか?-



あなたもその事実を知り、新たな可能性に気付かれたからこそ、 今、このページをご覧になられているのではないでしょうか?


しかし、これまで安楽プロのスイングノウハウを手に入れて来たあなたは…


ティーの高さは、どれくらいにすれば良いのか?

グリップはどのように握るべきなのか?

足を踏み込むと、腕が自然に振れない…

やっぱり、あるていど腕に力を入れた方が飛ぶんじゃないの?

顔を動かして良いと言うけど、ボールを見て打たないと、空振りしそうで怖い…

足踏みって、足を回すってこと?
どうやったら、安楽プロみたいに肩や腰がキレイに回るのか?
脇は意図的に締めた方がいいのでは?

コックはどのように作ればいいのか?

左足を踏めと言うが、その時、右足はどうすればいいのか?その逆の場合は?

足を使っても、手が自然に下りて来ない…

練習場ではボールの行方を気にするなというが、それだと何が良くて悪いかが分からない。

足の踏み込みを意識すると、なぜか、体がぎこちなく動いてしまう…

などの疑問を持たれたことはありませんか?



詳しくは⇒“安楽拓也の飛ばしのチェック項目” -あなたのドライバーはなぜ飛ばないのか?-




これらの疑問は全て、ドラコン飛ばし屋塾の皆さまから頂いた質問です。


あなたと同じように、安楽プロのスイングノウハウを手に入れて来た方々の質問です。


私達は、このような沢山のご質問をたくさん頂いてきましたが、ここにきて、それらは一つの欲求につながるということが分かりました。


それは…


安楽プロのスイングを、もっと細かく、もっと具体的に学びたい!


という、欲求です。


これまで、私達ドラコン飛ばし屋塾は、安楽プロのスイングの原理原則を皆様に分かりやすく理解し、実践していただくための教材をリリースしてきました。


なるべく細かいことを意識せず、安楽プロのスイングをマネしていただけるようシンプルで再現性の高い教材を過去4作品リリースしてきました。


しかし、ここに来て明らかになった皆様の興味は、とても意外なところにありました。




詳しくは⇒“安楽拓也の飛ばしのチェック項目” -あなたのドライバーはなぜ飛ばないのか?-




それは、ゴルフ雑誌のよくあるスイング分析のように、アドレス作りからフィニッシュまでの、一連の動きをできるだけ細かく分割して教えて欲しいといったものだったのです。


あなたも、これまでに同じような願望を持たれたことはありませんか?


であれば、私達はとても嬉しく思います。


なぜなら、あなたが安楽プロのスイングにとても興味を持ってくれているということですから。

「安楽プロのスイングをもっと、細かく知りたい。」


「なおかつ、それを実践できるようになりたい。」


「そして、今まで疑問に思っていたことを全て解消したい。」


このようなあなたの気持ちに答えるため、私達はあるプロジェクトをスタートさせました。



詳しくは⇒“安楽拓也の飛ばしのチェック項目” -あなたのドライバーはなぜ飛ばないのか?-












トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴルフ 40代からの激芯ドライバーマスター 口コミ

WS000003.JPG
40代からの激芯ドライバーマスター


もし、あなたがドライバーショットで少しでも

飛ばない、曲がってしまう、方向が安定しないなど

悩みがあるのなら少しだけ私の非常識なドライバー新理論に耳を傾けてみて下さい。



WS000000.JPG
PGAティーチングプロ杉村良一



詳しくは⇒40代からの激芯ドライバーマスター



「飛んでも曲がったら意味がない……飛ばなくてもいいんだ!

真っ直ぐに飛んでいけばそれでいい、それがゴルフなんだ。

ゴルフは上がってナンボ!ボールを遠くへ飛ばすスポーツではない」

これ果たして本心でしょうか?

確かに真っ直ぐに飛ぶのはいい事ですが、

ライバルよりも、少しでもボールを遠くへ飛ばしたい!

1ヤードでも1㎝でもいいから遠くへ飛ばしたい!

これがゴルファーの本当の気持ちだと思うのです。



詳しくは⇒40代からの激芯ドライバーマスター



もし、あなたがドライバーショットが凄く苦手だったとします。

極々たまにナイスショットが出るとしても、その他のショットは、
ダフリ、トップ、チョロ、スライス、プッシュ、チーピン何でも出てしまう……

例えば、一緒に廻っているAさんという方が
コンスタントに230ヤード、ドライバーを打つとして、

あなたはがドライバーを打ったら頻繁にチョロが出てしまう……とします!

チョロの飛距離はせいぜい30ヤード。

その時点で既に200ヤードものハンディを負っているわけです。

2打目を打っても、やっとAさんのティーショットの地点に届くかどうか……

この状態で同じ土俵で戦う事ができるでしょうか?

それだけ、ドライバーショットが打てる人と打てない人の差は
「ティーグランド」から発生しているのです。



詳しくは⇒40代からの激芯ドライバーマスター













トラックバック(0)