So-net無料ブログ作成

口コミ ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』 [ゴルフ]

WS000000.JPG
ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』



スライスはどう直せばいいのか?


とお考えになるかと思います。そしてその方法は…


プロの世界を知り、これまで数多くのゴルファーのスライスを改善し、スコア90切り・80切りに導いてきた私の知る限り、たった一つしかありません。


その答えは「プロゴルファーの打ち方」にあります。プロの打ち方が正しいのは当然といえば当然なのですが、無意識のうちに『プロ=ハイレベル』と考えて避けてきた人も多いのではないでしょうか?


ですが『プロから学ぶこと』こそが、スライスの悩みから解放されるための最も効率的な方法であり、100切りはおろか90・80切りを現実的な目標にできる方法なのです。


そう、その答えは…



詳しくは⇒ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


WS000002.JPG


ウッズ、石川遼、松山英樹、イ・ボミなど8割のプロが“持ち球”として選んだボールは…


ズバリ、「ドローボール」です。


雑誌やテレビでもたまにドローボールについての特集をしていますが、


もしあなたがドローがどういった球筋か知らない場合は、以下のイラストをご覧ください。


WS000002.JPG


こういった弾道を描くドローボールこそが、スライスを根本から克服してくれるのです。


この図からも分かる通り、ドローボールは通常のスイングとは根本的に異なるため、「自分のスイングの癖、弱点を知る」といった面倒なプロセスは必要ありません。


スイングを根本の部分から変えるので、そもそもの弾道が大きく変化しますし、ストレートボールのように、コントロールを考えて飛距離を犠牲にすることもありません。



詳しくは⇒ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


気持ち良く全力で振りながら、思い通りに変化する弾道を楽しめます。


このドローボールは、ドライバーだけでなくアイアンにも応用できるので、必然的に打数は縮まり、100切りどころかスコア90前半→80台も夢ではなくなります。


ここでドローボールと聞いて、あなたが


「自分にはまだ早いのでは…」


「それって高等技術じゃないの?」


そう思われたのであれば…


安心してください。ドローボールの話をすると、だいたい皆は口を揃えて…


「スコア90切りを目指すようになってから習得すべき技術だと思っていた」

「まず真っ直ぐ飛ばせるようになってからだと思っていた」


といった声を上げますが、これまでのべ24,100人のスライスを改善してきた私は、むしろ『1日でも早く習得すべき』だと考えています。



詳しくは⇒ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


なぜなら、「ストレートボール」のような、窮屈で間違った打ち方が癖になる前の方が、楽に習得できるからです。間違ったやり方でスコア90を切ってしまうレベルにまで上達してしまうと、身につけたスイングの修正が大変になるでしょう。


とは言っても、ドローを打つことは簡単です。


特に、もしあなたが既に『よくあるドロー習得法』を知っているのであれば、より一層ご注意ください。


そのやり方は、恐らく雑誌・インターネットの記事、書籍などで確認した内容かと思いますが、主に以下のようなやり方で回転をかける方法だと思います。


ゴルフのラウンド中、少しでも飛距離を上げ目標地点までナイスショットするために、
ドローボールを打てるようになりたいと思う人は少なくありません。


また、ドローボールを打ったらひどいフックになってしまったとか、ドローボールの打ち方がよくわからないという人もいます。


では、ドローボールを打つためには、どのようなことに気をつければよいのでしょう。


正しいドローボールの打ち方の方法はあるのでしょうか?



詳しくは⇒ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』


いつもはフェードボールで打つことが多かったけれど、ドローボールに変えたいと思い練習始めたけれど、かえって球筋が乱れ、スコアがまとまらなくなったとか、ドローボールとフェードボールの違いがよくわからないという人もいます。



プロでさえコントロールを誤って、とんでもない位置に飛ばしてしまうこともあるほどですから、
ゴルフ初心者ならもちろん、熟練者でも当然ミスはあります。


またコースによってドローボールかフェードボールにした方がよいのか悩むという人もいます。


自分なりにスイングや、ゴルフクラブを変えたりしてドローボールを打つ練習をしているが、
どうしても思ったようなボールが打てないとぼやく声もあります。


では、一体どうすれば、思うようなドローボールが打てるようになるのでしょうか?




詳しくは⇒ゴルフ|吉本巧監修『ドローボール・マスタープログラム』














トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。